FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 週末は家族で散歩

[ 双子 5歳1ヶ月 ・ 次女 0歳9か月 ]

涼しくなった頃から、週末は必ず近所を散歩しています。
気づけば毎週末しているなぁ… 次女は夫がおんぶか抱っこしています。

色々お出かけも楽しいけれど、近所のお散歩も楽しい。

子どもたちが自由に歩けるようにと、大人が余計な注意を払わなくていいように、
散歩コースは車が通らない道が中心です。
細い道が入り組んでいる地区なので、探検する道はたくさんあります。

081_convert_20161121210902.jpg

側溝に『ジョロウグモ』の巣がかかっているのを観察。

082_convert_20161121210936.jpg

先日行った昆虫館で、ジョロウグモの巣は、3面張っていて、
虫を捕獲する面・クモが日中いる真ん中の面・食べかすやごみを捨てる面 に分かれているそうです。

いつもいる大きいジョロウグモはメスということは知っていたのですが、
時々、小さなクモ(大人の小指の爪くらい)もいて、それがオスだそうで!
本当に小さくてびっくり。
不用意にメスに近づくと食べられちゃうそうです。ドンマイ、オス。

その説明を思い出しつつ、熱心に観察。
側溝に落ちないか、ヒヤヒヤしますね。

クロネコさんに、ジョロウグモの生態の話をする息子。

083_convert_20161121211025.jpg

息子 「ネコさん、聞いてたね~。」

娘 「聞いてたね~。」

父さんがこっちに行ってみよ~というので、ついて行くちびっこ隊員。
息子がしきりに「袋を持ってくればよかったね~。」と言うので、拾ったものを見てみると、

084_convert_20161121211109.jpg

手からあふれ出しそうです。
息子は、道端に落ちている、石ころ、花びら、木の実、葉っぱ…散歩中に気に入った物を拾いたがります。
しかし、今日は袋を忘れましたよ、母さんは。

私 「息子の手より大きい葉っぱを見つけたら?そうしたら包んで持って帰れるよ。」

085_convert_20161121211213.jpg

自分の手と比べて大きい葉っぱを見つけた息子。
さっそく、葉っぱに包もうと道に置いたら…

086_convert_20161121211249.jpg

息子 「あ~~、転がっちゃう~~。」

写真では分かりづらいですが、手前から奥に向かって下り坂になっています。
そして、溝があって、もう取れない…笑
息子、こういう「お決まりの…」ってやつ、外さないわね。

087_convert_20161121211324.jpg

娘 「おむすびころりん、すっとんとん~♪」

息子が「あ~~。」と言いながら、木の実を追いかけるのと、娘が歌うのが、可愛くて(親バカ)、
可笑しくて、大笑いしました。

息子は工夫して?下る方に足を広げて座って、包みます。

088_convert_20161121211356.jpg

お、可愛い赤い実があったので、息子にお願いして母さんがもらいました。
玄関の一輪挿しにさしておこう。

089_convert_20161121211428.jpg

最後は父さんが手伝って、葉っぱで包んでもらいました。

090_convert_20161121211458.jpg

もともと夫婦で散歩するのが好きでしたが、
子どもと散歩するようになって、より植物や虫にも興味を持つようになりました。

細い道を抜けて、車が行きかう道に出ると、また細い道に引っ込んじゃうので・笑
散歩は、毎回1時間以上になります。

次女が歩くようになると、また違った楽しみも増えそうだなぁ。

いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。