FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 登園時の双子との物語(虫食い落ち葉、仮面ライダーブレイブ)

[ 双子 5歳4か月 ・ 次女 0歳11か月 ]

朝、4人で幼稚園に行くとき、
娘 「この葉っぱ、食べられてるね。」
と、茶色い虫食いの落ち葉を拾いました。

私 「食べられてるね~。」
娘 「誰が食べたのかなぁ。」
私 「誰だろうね。」
娘 「いもむしかな。」
私 「いもむしかな。」

息子 「昆虫だよ。」
私 「昆虫か~。」
娘 「ことりだよ。」
私 「ことりかな。なんの小鳥かな。」
娘 「知らない!カラスかな。」

息子 「ダンゴムシも食べる。」
娘 「バッタかもね。でも冬にはいないのにどうやって食べたのかな~。」
私 「どうやったのかな~。」
息子 「バッタはこの葉っぱは食べないよ。」
娘 「でも、食べてるよ。起きてきて食べたかもしれないよ。おなかすくもんね。」

おしまい。

娘が拾ったのは茶色い虫食いの木の葉でした。
緑色の時に誰かが食べて、枯れて落ち葉になって娘が拾ったんだろうよ。と思いつつの朝の会話。
食べた主は冬眠中にお腹が空いて起きてきた。という話になっていきました。(息子は違うと言っていました。)

018_convert_20170202093212.jpg

葉っぱの話をしつつ先へ行くと、仮面ライダーブレイブのしおりみたいなカードが落ちていました。

息子 「あ!仮面ライダーだ!」 とカードを拾う。
私 「仮面ライダーだね。」
息子 「ぶ・れ・い・ぶ。 ブレイブだ!」カタカナを読みました。
私 「ブレイブだね。息子、知ってるの?」
息子 「知ってる。Aくん(幼稚園の友達)がお菓子とかあるっていってた。変身するし、戦いごっこするし。」
私 「変身するし、戦いごっこもするんだね。息子、このカード、誰かが落としたかもしれないから、もとの所に置いておこうか。」
息子 「… … そうだね。Bくん(近くに住んでいる)が落としたかもしれないし。」
息子は、元の場所に置く。

そのまま、階段を上って、いつも見る桜の木にとまっているミノムシを見て、道を渡ったころ…

息子 「… … 気になる。」 来た道を振り返って言いました。
私 「気になるね。」
息子 「あーのね、やっぱり気になる。」
私 「気になるね。カードが気になるんだね。」
息子は少し無言で歩いて、
「もしね、戻って無かったらいいんだけど、もしね、もしあったら、お家に持って帰っていいかもしれないね。」
私 「持って帰っていいかもしれないね。」
息子 「うん。いいかもね。もし、あったらだけどね。」
私 「あったらね。じゃあ、母さんが帰る時にあったら、お家に持って帰っておこうか?」
息子 「いいよ。」

おしまい。

二人を幼稚園に送って、帰りに見ると、息子が置いたところにカードはありました。
お金を出して買うカードだったり、集めて送ると何かもらえるカードだったら、息子に
「もう、落ちてなかったよ。」とウソを言うつもりでしたが、
お菓子に同封されていたキャンペーンを知らせるカードだったので、拾って持って帰ってきました。

うちでは仮面ライダーなどはテレビで見てはいませんが、幼稚園の友達を通じて息子は気になっているんだなぁと思うし、
歩きながら、自分でカードの事を考えて、「気になる。」と話してきたことからも、
恐らく初めて『ブレイブ』が何かを目で見た出来事だったのかも・笑

真似で返して、子がして欲しそうなことをうまく言えなさそうだ。と思って、こちらから提案するのはどうなんでしょうかねぇ。
さて、帰ってきたら息子は覚えているのかしら。

夜、子と布団に入って、子の物語を語る。というのがあるようでマツお母さんを参考に、
「息子、5歳4か月の物語。・・・ ・・・ おしまい。」とするのですが、物語をうまく話せません。
でも、二人は私の記憶のあいまいなところを訂正したり、こう思ってた。と言ってきたりするので、
寝る前の一日の振り返りになります。
マツお母さん、紹介させていただきました~。

いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

- 2 Comments

マツお母さん  

物語だ〜♪

sunnyさん、紹介ありがとうございます(^_^)♪

子3人の物語となると、頭を使いますね。お母さんはすごい!

私は実際には「5才1ヶ月の物語」とかは言っていないですね。布団に入ると必ず娘から「ウメ子の今日のお話して」とか「お母さん、お話忘れてるよ!」とか言われるので「今日は〜、ウメ子は・・・」と語り始めます。
お子さんが訂正してくれるのがいいですよね(^_^)

幼稚園からの帰り道にまだカードが同じ場所に置いてあるかどうか、お子さんが覚えているかとか息子くんの様子を見てみるのもおもしろかったかもしれないですね。提案はしない方が良いことになっていますが、あまりこだわらなくても大丈夫だと思います〜。

2017/02/13 (Mon) 22:46 | EDIT | REPLY |   

sunny  

Re: 物語だ〜♪

> マツお母さん、おはようございます。

はい、私も1週間くらいで、「今日の息子のお話は…」となりました。
というか、きちんと双子分の物語を覚えているのは週に3日くらい・汗?
昨日はさっぱり出てきませんでした~。
なので、双子が幼稚園のお話をしてくれました。子に助けてもらう母…("^ω^)
二人をよく見ているようでよく見ていないのか、記憶力の問題なのか。
登園の時や散歩の時は、ゆったりした気持ちなのかよく覚えていますが、
家事は、子を3人見ながらアレコレしていると頭がキャパオーバーになってあんまり覚えていません。

そう、カードの件!
息子は帰宅後、話してきたので、カードを渡すと、なぜか定規で大きさを測っていました。
「大事だからね。」だそうです。謎だ。

帰りは次女の午睡と重なるので、園バスで帰ってきています。
(我が家の玄関のすぐ前まで来てくれるので、次女を寝かせたままにできます。)
なので、カードの確認をするには翌朝になるんですよ。
私も迷って、朝までカードがあるかな?でも小学生の通学路だから無かったらどうかな。と思って、
ついつい甘い気持ちでカードを持って帰ってきました。
翌日の息子の反応を見るのも面白かったですよね。
今度はそうしてみようかな。
提案は親の誘導になりがちだから、やり方次第かな?と思っていましたが、あまりこだわらなくても大丈夫ですね。

冊子がまだ手元に来ないので、待ち遠しい…
電話から2週間しても来なかったらもう一度連絡してみようかなぁ。

2017/02/15 (Wed) 10:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。