FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ベスコフの絵本と人形遊び

[ 双子 5歳4か月 ・ 次女 0歳11か月 ]

ブログやインスタを覗いていて気になったり、本の中で紹介されていて気になった絵本や本は、
携帯のメモに打ち込んだり、手帳に走り書きにしています。
大体はそのまま忘れたりするんですが・汗
実家に『エスサ・ベスコフ』の絵本があってどっかで見たなぁと、手帳を見返すと、
シュタイナー教育関係の本を読んだときにおススメ本でメモしてありました。

実家にあったのは、



『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』
古さから私の絵本でしょうが、まったく記憶にありません。
私は幼い頃は、五味さんや馬場まもるさん、ゼラルダと人喰い鬼とかが好きだったもんなぁ。
大人になって読むと、4~5歳の幼児にぴったりだなと思い、




たまっていた楽天のポイントで、『ペレのあたらしいふく』を購入しました。
ベスコフの小人や子どもの、森の自然の絵が好きになり、
(原画はもっともっと素晴らしいだろうなぁ。)
利用しているグリーンコープで1割引きで買えたので、『もりのこびとたち』も購入。




『もりのこびとたち』は双子が気に入って、何度か読みました。
トロルや妖精も出てくるし、こびと一家の地に足が付いた森での暮らしが豊かです。

そんな時、たまたまですが、我が家のお人形一家をフクロウの刺繡がついたポーチにしまうことにしました。
(言うまでもなく、私が刺繍したわけではありません(゚∀゚)

192_convert_20170216210550.jpg

ちょうどぴったり。

193_convert_20170216210505.jpg

これを見た娘が、「かしのきのふくろうさんのお家にこびとが住んでいるね。」と言いまして、
私は「? かしのきのフクロウさん?」
娘 「フクロウの先生だよ。」
私 「!先生ね!こびとのきょうだいが行く先生だね。」

絵本『もりのこびとたち』の一場面とリンクしたようです。

その数日後、娘が「こびとさんのおうち作ったよ~。」と見せてくれました。

183_convert_20170216211354.jpg

プラステンに魚が刺さっているのは、「釣ってきた。」らしいです。

ちょっとゆがんだ、三階建てがすばらしい。

184_convert_20170216211453.jpg

キリンと、プラステンがもっと小さなこびとで、糊がトロルだそうです。

187_convert_20170216211555.jpg

お人形一家を「こびと」に見られたことで、遊びの世界が広がったようです。
ベスコフの絵本がきっかけだな~。
(やっぱり、我が家と同じ家族構成にしたことで遊びにくかったのかな?)
絵本と遊びが目に見えてリンクすると面白いですね。

十分に作って遊んだあとは、次女を入れてもいいそうで、次女巨人侵入~。

188_convert_20170216211639.jpg

さてさて、もとに戻しますかね。


いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。