FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お雛様を飾りつけと、母、爆発して反省

[ 双子 5歳4か月 ・ 次女 0歳11か月 ]

娘のお雛様を先週末に飾りました。

189_convert_20170216210845.jpg

我が家のものは、お人形は手のひらに乗る大きさで、飾りの台にすべて収納できます。

190_convert_20170216210744.jpg

桃の節句は華やかでいいですね~。
去年は生まれたばかりだったので、次女の初節句を今年しようという話になり、
もう一つお雛様を贈ってもらうって話になりましたが…
丁重にお断りしました。
いや、飾る場所もないし、引っ越しの荷物も増えるし…
夫の実家に置いてきた、古賀人形(長崎の郷土土人形)があるので、それでよしとしましょう。

少しのずれが気になる娘。あなた、大雑把さんなのに!

191_convert_20170216210637.jpg

飾った場所は、次女が手を伸ばしても届かない、おもちゃ棚の一番上です。

182_convert_20170216211248.jpg

娘がなにやら触っている所ですね。
さて、以下は、私の反省のための記述です。
私の怒り爆発!が書いてあるので、お雛様だけでいい方は、ここまでにしておいてください。




双子と一緒に飾ろうと思って、次女が午前寝をした週末、箱から出して、

私 「今からお雛様を飾るよ~。壊れやすいから丁寧に扱ってね。」

と、お人形が収まっている箱を開けて、飾り棚を作るために屏風や箱を並べていて、ふと後ろを振り返ると、
双子が、お人形のお顔に巻いてある紙を取ってそこらへんに散らかし、顔をもってる~~~。

私 「ちょっと!!紙を散らかさない!顔を持たない!! なにやってんの!」

反射的に怒鳴ってしまって、冷静に一緒に飾ろうと思いなおしますが…

各々のお人形が持つお道具が収納箱に入って無くて、ティッシュに包まれてあったりして
(昨年は私が出産直後だったので、私の母が片づけてくれたので勝手が違ったのです。)
そのティッシュをゴミと思って双子が捨てだした~~。
(「紙を散らかさない!!」って私が怒鳴ってますから、まっとうな行動。)

私 「ちょっと!勝手なことしないでよ!!あ~~~!!お道具がない!!もう!!もういい!!もう何もしなくていい!!!!」

はい、出ました。私の怒りの言葉 「もういい。」

その後、娘が触っていた官女さんの御髪が乱れて直らなくて、私の怒りスイッチ・オン!!

私 「あ~~~、大事に扱うッて言ったでしょ?何でわかんないかな?ほら、この髪、もう直らないよ?あ~~。
いいけどね。娘のだから、母さん知らない。もう、大体ね、母さんの言うとおりにしてください。勝手にするから駄目なんだよ。」

私 「うううう~~~。」
この時、抑えきれないくらい、イライラっとした感情が出てきて、どうにかしようとしています。

この怒号で夫が別の部屋からきて、私はベランダに出て、すぐに自己嫌悪。
大事に扱うって、やったことないからわかんないよね。と、分かっているけど言っちゃった。
怒りで大声出してストレス発散しただけでしょ。大声出すために、どんどん自分で怒っちゃったよ・・・

数分後、部屋に戻って、双子に 「母さん大きな声出して怒鳴ってごめんなさい。」と謝りました。
こういう時、双子は 「大丈夫だよ。」 「いいよ。」ってすぐに言ってくれるんですよね…

最近、月経前にイライラするのが再発してきて(ああ、妊娠中は平和な精神状態だったのに。)
双子がもっと小さい時よりは、感情を逃がせるんですが、
時々、ドッカーーーンってなっちゃいます。
今回は、双子との日常がまあまあ楽しく(時々ケンカしつつ)過ごせるようになっていて、
無意識に双子に期待しちゃった部分を裏切られた感があったのでしょう…

ああ~~、やっちまったですよ。

子どものほうが毎日ご機嫌に過ごしています。
時々は疲れてグズグズするけど、可愛いもんです。
大きな私の爆発がなくても、ふと冷たい対応をしたりして、
私の感情のぶれ一つで、子どもの時間を嫌な時間にしていると思うと申し訳なくて、
明日はもっとこうしよう。明日はもっと子どもをよく見よう。明日はもっと子どもの話に耳を傾けよう。
毎日がその繰り返しです。

いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。