FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぼちぼち次女の幼稚園選び(土地勘をつけるために)

[ 双子(娘・息子) 5歳8カ月 ・ 次女 1歳3か月 ]

先日の、前の幼稚園に帰りたい の記事に思いもかけず沢山のアクセスがあって、驚きました。

ひっそりと幼稚園記事は書いてこうと思います・笑
タイトルも内容とちょっと違うんですけど。
本当のタイトルは、『幼稚園、失敗したかも…でも双子は今日も元気に通園』

本当に、子どもは楽しく通っているんだから、私はグチグチ言わずに見守ってればいいんですが。
どうにもこうにも、母さん悲しい~~。ってなったので。
すみません。ここに、今の幼稚園の愚痴を置いていきますよ~~。

双子が年長時にだけ行っている今の幼稚園に在籍して、
改めて、幼稚園に求めるものがはっきりしました。

双子の最初の幼稚園は、たくさん見学して迷って迷って決めたわけではなくて、
歩いて行ける幼稚園が、結果的に私に合っていたという幸運だったようです。

以前、ぽつっと書きましたが、次女は2年保育で今の園とは別の所にしようと思っていて、
なのでのんびり構えていたら、

どうやら、ここらあたりは、年中から入るとなると難しい園が多いようで…
(年少や、満三歳からの入園で人数を確保するみたい)
3年で転勤したら次女は転勤先で幼稚園探し。
もし異動先が今の社宅から通えるのなら、今の場所で幼稚園探し…

縁もゆかりもなく、土地勘もない場所なので、あとで慌てる事のないように、
次女を短期間で連れまわさないでいいように、
1カ月1園くらいで幼稚園を見てみようかな~なんて思っています。


双子の就学の方が、次女の就園より早いのに、次女の幼稚園の心配が大きい私。
裏を返せば、今の双子の幼稚園、失敗した…と思っているからなのですが。

息子と娘と幼稚園の園庭で何をして遊んでいるかの話になり、
週1回、早く迎えに行く日に園庭を眺めていると、
園児が思い思いに遊んでいる様子をほほえましく思っているのですが、
二人とも設置してある遊具で遊ぶか、リレーごっことしか言わないので、

私 「息子は、前みたいに砂場で、山や川を作らないの?」

息子 「砂場はちょっとだけしか遊ばない。」

私 「ちょっとしかしないのか。砂場遊びはもう飽きたの?」

息子 「ん~。時間の無駄だから。」

私 「時間の無駄ぁ????」

息子 「うん。砂場で水を使って遊ぶのは、端っこから端っこまで水を運ばないといけないから、時間の無駄だし、
戻ってきたら、他のお友達が息子の場所を取ってて、遊べなくなってるから、砂場はあんまりしない。」

私、この話を聞いて、転園を本気で考えました。
今も考えていますが、夫も実母も大反対。
せっかく慣れたしね…わかっていますよ。
子どもの言う事だから、全部を鵜呑みにするなってでしょ。
分かってるわよ。

けどさ、遊びを十分にできないって、それ、どうなのよ?

ずっと園庭の配置で気になっていたことがあり、
砂場の近くに、水道がないんですよね~。
砂場で遊ぶ時って水が材料として必要だと思うんですけど…

息子が言うように、水を使う時は、園庭の端っこの砂場から、園舎のある反対側まで往復しないといけなくて、
無駄にだだっ広い園庭なので、一苦労。
帰ってきたら場所や道具を取られていたら、そりゃあ、時間の無駄だ。

幼稚園に汚れた時用の着替えを置いておいてくださいっていう指示がなくて、
汚れた時どうするんだろ?と思っていたけど、汚れるような遊びが自然とできないのかと…

一方の娘は毎日リレーごっこをしているそうで、
もう、秋の運動会に向けてやっているそうで。

私 「リレーごっこねぇ。鬼ごっこはしないの?」

娘 「ん~。あんまりしない。」

私 「しないのか~。色んな鬼ごっこも走るけどな~。」

娘 「しないよ。リレーごっこで足を速くするんだって。」

息子 「息子はリレーごっこは好きじゃない。」

娘 「娘、好きー。娘は足が速いもん。」

娘は自称・足が速い らしく、楽しいようですが、
子どもの脚力をつけたいなら、鬼ごっこも頻繁に取り入れてみてはどうだろうか。
息子みたいにリレーごっこでは楽しくなくても、鬼ごっこは工夫すれば走るのが苦手な子でも楽しめると思いますけど。

と、今、園の評価のアンケートが来たら、てんこ盛り盛り書けちゃう。
モリモリ書いたら、園の方針に沿わない保護者はご遠慮くださいって言われちゃう。
誓約書も書いたし。

具体的に先生や他の保護者には不満がないんだけど、
どうしてこんなに遊びに真剣に取り組んでくれないのか。
親だけではできない、子どもの集団の関わりの中での遊びを求めているだけなのに。
幼児教育が重要なら、もっと子どもの遊びと真剣に向き合ってくれーーー!!

私の考えがちょいと違うのかなぁ。

と、言うことで、次女の幼稚園探しは…双子が以前行っていた幼稚園にする・・・はできないので、

・ 異年齢保育をする

・ 子どもの遊びに向き合ってくれる

・ 園庭に雑草が生えている

です。
できれば、自由保育がいいのですが…
その理由を書いているとますます長くなるので、今日の愚痴はここでおしまい。

自由保育の青臭い理想を今年の3月に書いた記事があるのですが、日付を変えずにひっそりとアップします。

→幼稚園の第三希望条件・私の青臭い理想(2017年3月に書きなぐっています)


いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。