FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 森を守る活動に参加中~双子の森の活動は続くよ

[ 双子(息子・娘) 6歳1ヶ月 ・ 次女 1歳9ヶ月 ]

双子が3歳になる頃に車で1時間くらいかけてよく利用していた、『諫早市 こどもの城』→こんなところ

山の中にある市の施設で、HPのその月の催しや、毎年発行されている冊子(HPではエッセイの所で読めます)を読むと、
ただの育児支援施設じゃないことが分かるんですが、
我が家は、幼児向けの森の活動に参加していました。→カテゴリの森の活動に過去記事があります

しかし、次女が生まれてからは参加できなくなって、引っ越してしまい…

自然の中で子どもが主体的に動ける活動を探してみたけど、子どもだけのプログラムが多かったり、
(私も混ざりたい、おばさんはワチャワチャしたいの! by監獄のお姫様・今期のドラマ)
冒険広場みたいなところに行ったけど、ちょっと違うな~と思っていました。

夏に、自治体が管理して開放している…県民の森や市民の森に遊びに行って、
『森を守る活動』をしているボランティア団体をたまたま見学。

すると、息子が、草を刈ってみたい!木を切ってみたい!と言ったので、
体験入会をし、娘も一日楽しく過ごせたので、9月から、月1回、家族で山を守る色んな活動に参加しています。

本格的に、『木こり』への第一歩か?と言うくらいの活動内容でして。

InkedIMG_8611_convert_20171129125046_LI.jpg

私と双子の着ているウインドブレーカーは、以前の森のようちえん用に買った登山用の自前です。
道具は全てボランティア団体で所有・管理していて
ヘルメット、ベルトをして、剪定ばさみとのこぎりを腰に下げて。
もちろん、子どももきちんと道具の使い方を教えてもらいます。
作業前の道具の点検から、作業後のメンテナンスまで。
剪定ばさみ、切れ味抜群で、子どもの指なんかチョッキン!の切れ味です。

あ、次女のヘルメットは、冷やかしですよ(笑)

急斜面を降りて、木を伐採し、その木の枝を落として、短く切っていく作業。
我が家の双子と夫がどこかに紛れています。

IMG_8609_convert_20171129125011.jpg

毎月参加されている会のメンバーは50歳~70歳代くらいの男性が6~10人くらいなのです。
子どもにもきちんと道具の使い方、木の伐倒の仕方を教えて下さり、
植物や生き物にも詳しくって、お話も楽しい。

でも、子どもに作業を強制しないので、ドングリを拾ったりしている時間もあります。

これは、アサギマダラが飛来するようにと植物につけていたマークをどっちが沢山集められるか競争中。

IMG_8606_convert_20171129124813.jpg

次女は、林道を散歩したり、マツボックリを集めたり、自由に散策します。
お昼を挟んでの活動だけど、次女も退屈せず、時には木陰で昼寝しつつの、山ガールです。

InkedIMG_8607_convert_20171129124836_LI.jpg

この日は、アカマツの森の保護活動でした。

IMG_8608_convert_20171129124949.jpg

いわゆる里山のように、人が木を切って利用したり、落ち葉かきをしないと、アカマツの林は照葉樹に淘汰されていくそうです。
その林を守るための活動です。

もう一つ、カブトムシの森の保護活動もしています。
夏休みには、夜にライトトラップを作って、虫の調査をするそうです。
来年の夏休みが楽しみだ~。

3歳の頃から、何だかんだいいつつも、自然に親しむようになった双子。
森のようちえんのように遊びの中で自然と触れ合うのも楽しいですが、
発展した形で、森を守る活動を通じて、普段は関わらない大人との出会いも含めて、
何かを経験して行けそうで、結果的に良かったわ~と思っています。

一日、木を切ったり、草を刈ったりするの、大人の私も楽しいんですよね~。
結局、私が子どもと森の中で、あ~だこ~だ するのが楽しいっていう話でした(笑)

そして、息子は気ばかり焦って、きちんと草を根元から切らず、人の話も上の空が多く(苦笑)
娘は確実に草を刈っていくという一面を見ました。
そういえば、娘は、知らない人との活動にもすぐに入って行けるようになってきました。
成長したわ…
(3~4歳の森の幼稚園では、なかなか輪に入っていけず、笑顔も出なくて。そんな頃もあったね~。)

木を伐倒する時に切る「受け口」を必ず息子がもらってくるので、コレクションが増殖中。

IMG_8599_convert_20171129124212.jpg

一つは、強引に自転車のカギ置き場になっています。

月1~2回の参加で無理なく ボチボチ。
年単位で参加して子どもの成長を見たいな~というのが、今の気持ちです。

いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

- 2 Comments

 goopee  

おはようございま~す。
なんて素敵な活動してらっしゃるのかしら?
ふふふ、いいなあ!!!
双子ちゃんたちも、それぞれ成長し個性を発揮してるのが、
たくましくも可愛らしくて嬉しくなっちゃう♪
特に娘ちゃんは、小さなころとはずいぶん変わったような・・・。
ご両親の穏やかな見守りがそれを支えてるのね~。

そうそう。
お友達のamapachiちゃんところで、sunnyさんのお名前発見♪
ワクワクしながら、こそ見してました(笑)。

2017/12/08 (Fri) 08:12 | EDIT | REPLY |   

sunny  

Re: タイトルなし

> goopeeさんへ

おはようございます。
森のようちえんといった活動とは違うんですが、
普段の生活では知り合えない、おじさま(おじいさま??)の年代の方、高校生も混じっているので、
私も子どもも良い刺激をもらっています。
この前は、木を伐りだして、杭を作って、林道にある木の階段を作りました。
土木作業もできるようになってきました。…あれ?どこを目指しているんだ、我が家は(笑)

娘は本当に最近、目覚ましく心も体も成長しているように思います。
頼もしくもあり、寂しくもあり、ちょっと歯がゆい場面もあり。
息子は森の活動の時は、よく話を聞いてもらえるし、作業をさせてもらえるし、褒めてもらえるしで、
のびの~びしています。
本当に参加している団体の方々に感謝です。

amapachiさんね、ずっとブログを拝見していたんです、コメントをせずに無言で(笑)
でも、鼻息荒く、思い切って話しかけてみました。
こそ見されていたのね。なんか、恥ずかしいわ~。

2017/12/13 (Wed) 11:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。