FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 次女(1歳9ヶ月)はスゴイ!と勘違いしてしまう事、アレコレ

[ 双子(息子・娘) 6歳2ヶ月 ・ 次女 1歳9ヶ月 ]

我が家の第三子の次女。
共に生活していると、「この子、出来る!」と思う事が多いです。

扉は、引いて開けるのはマスターし、
向こうの部屋から、誰かが気づくまで、ノックをして、気づくと大笑いをするという遊びが好き。

InkedIMG_8603_convert_20171129125402_LI.jpg
鼻が潰れるので、低い鼻がもっと低くならないか心配。

「真似をする」能力が高い。
双子がすることはすぐに真似します。
幼稚園で流行っている「エビカニニクス」という体操を一緒に踊ったり、

IMG_8579_convert_20171108112001.jpg
餃子を作ると、他の人の手元をじっと観察して、一生懸命包みます。

言っている事はすぐに、相手の顔とやっている事を観察しつつ理解するので、
1歳前は一緒に遊ぶ事が出来なかった積み木も、

IMG_8586_convert_20171108111624.jpg
息子の言うとおりに、花はじきを一緒に並べて、作ることができます。

息子と娘が話しながら作るのも、

IMG_8732_convert_20171129124453.jpg
いかにも分かっているかのように、頷きながら、積み木を崩すことなく、
自分も作ってみたり。
双子も、「次女ちゃん、よく作ったね~。」と、邪魔者扱いしなくなりました。

生活面も、
息子の鼻水が出ていたら、ティッシュを取ってきてあげたり、
息子や娘の洗濯かごに入れ忘れている洋服を拾って、かごに入れたり、
タオルを干したり、取りこんだり、
家族のお箸を並べたり、配膳したり、
食器拭きをしたり・・・

細々したことなんですが、
立派に『家族の一員』なんですよね。

双子が2歳前後の時って、家事や、子の『お世話』で、
よく精神的な疲れが蓄積して、『ダークサイド』に落ちていました。

今の次女と双子の小さい時との違い…

・今の次女には、双子というお手本がいるので、真似をして学ぶ対象がいる。

・双子の『日課』が出来上がっているので、寝る時間や起きる時間も決まっているし、一日の流れもあるので、次女が一日の見通しができる。→次、何をするか分かる。

・指示を出して家事を一緒にする。指示だし黄金期を聞いたことがありますが、次女はまさに黄金期。
双子のやることを見て、自分もするし、私の指示と動きもよく見ています。

・そして、何より、双子育児を通じて、私に経験がついて余裕が出来ている事。
双子の事はまだ迷いながら試行錯誤だけど、次女についてはおおらかに構えられるようになってきた~!!
ああ、私、親として成長してるよーー!!と誰も褒めてくれないので、自分で褒めます。

なので、特別次女がスゴイ!訳じゃなくて、
2歳前の小さい『お世話』してあげる対象の幼児と思いがちだけど、
実は学ぶ力や、やってみる力をすごく持っているのね…と学んでいます。

ううむ、こうして次女の事を書いてみると、
なおさら、もっと双子の事を信頼して、受けとめるのを心がけようと思います。
もう少し、時間をとって一人ずつ話をしよう。

・・・ああ!!
結局双子育児の反省みたいになったー。

私のために
私が今日、出来た事を考えながら、ゆっくりしようと思います。

いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。