FC2ブログ

Welcome to my blog

とるにたらない日々のこと

2011年秋生まれの男女の双子と2016年早春生まれの次女と転勤族の夫との日々です

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 グリーンウッドワーク・生木の木工体験

[ 双子(息子・娘) 6歳4か月 ・ 次女 2歳0か月 ]

週末に、双子が「楽しかったーーー!!」と声を揃えて言った体験~。

IMG_0431_convert_20180305122728.jpg

グリーンウッドワーク…
森から伐採したての『生木』を、手工具を使って加工して作品を作る体験をしてきました。

『削り馬』という道具…馬さんたちを並べて、何が始まるんだ?ワクワク。

IMG_0427_convert_20180305122554.jpg

この日は、山のお祭りの一環で、
いつも参加している森を保全するボランティア団体も共催で、
グリーンウッドワークを一般の人に体験してもらおうというイベントでした。

当日の手順の確認も兼ねて、
息子がまずは教えてもらいながら、やってみます。
削り馬の頭に木を挟んで、足で台を踏んで固定し、『銑(せん)』またの名をドローナイフを使って木を削ります。

IMG_0426_convert_20180305122501.jpg

通常、木工といえば、乾燥した木材を使うのですが、
生木の加工は、あまり力がいらず、大人から子ども、誰もが楽しめるそうです。

試しに削った木は、伐採してから森に放置してあった物なので、
腐食菌が入り込んでいて、木の肌に水玉模様が浮かんでいます。
こういう木は作品作りには使いませんよ。

IMG_0428_convert_20180305122638.jpg

へ~、知らなかった!
木が分解されて森へ帰る小さな一歩だ。

俄然面白くなって、作りたくなった双子だけど、この日は一般の方が優先…
しかし、隅っこの空いている『馬』を見つけて、順番に作りましたよ(笑)

娘が両手で扱っているのが、ドローナイフ・銑です。
凄くよく切れるので、必ず両手で扱う。などの注意点はあるけど、
子どもだけで加工していきます。
大人は、見守るだけ。

InkedIMG_0443_convert_20180305123319_LI.jpg

一生懸命何を作ったのかというと…
木のいろえんぴつ。
右の大きいのから、息子、娘作。
左の小さいのは、見本用に作ったのを次女用に頂きました。

IMG_0450_convert_20180305123730.jpg

100円ショップで売っているクーピーみたいな色鉛筆を、ドリルで穴をあけて入れているので
ちゃんと書けるの!

一般の方は、時間の関係上、木のお家を製作。
屋根になる様に皮の部分を残して削って、のこぎりで切って、やすりがけし、窓を書きます。

IMG_0451_convert_20180305123804.jpg

息子・娘・夫作。
私の希望で窓を書かないものも製作。
窓がないのも色んな見立てが出来て面白いと思うんだけど。

あと、息子が「木のスプーン」を作りたい!って言ってきて、
私 「大人の人に作りたいです。って言ってきてみなよ。」
と言って、放り出しました。

どうするかな?と思っていたら、知っている人を捕まえて、お願いして、
でも、一般参加者の方が多い時間帯で、ずっとは見てもらえず。

木にスプーンの絵を描いて、削りだしていました。
1回目は失敗。

めげずに、もう一回スプーンの絵を描いて、もう一度削る…

この様子をみていた方が、手伝ってくれて…
息子・設計、大人が製作の、木のスプーン

IMG_0475_convert_20180305122356.jpg

先に黒い線があるのは、息子の設計の跡をわざと残してくださいました。
本当はもっと削り込んで仕上げるんだけど、時間がない中で作ってくださってありがたかったです。

夫は主催者側として、一般の人の見守りや指導をしていました。
働いてたね~。

私は、子どもの見守りという名の、遊び人でした…(笑)

次女が見本で置いてあった『きじうま』に興味を持って、

IMG_0441_convert_20180305123226.jpg

ガンガン遊ぶ!

IMG_0433_convert_20180305122811.jpg

そして、壊れる!ギャーーー(;'∀')
展示品だから!幼児の容赦ない遊びに対応してないから!

次女の散歩がてら、他の祭りのブースを見て回ります。
椿の実を砕いて油を搾る体験。
息子が足で踏んでいますが、ほとんどが一緒に踏んでくれている大人の力です。

InkedIMG_0438_convert_20180305122945_LI.jpg

ザクザク小さくなっていく。
この粉砕された実を蒸して、

IMG_0439_convert_20180305123138.jpg

絞ると、金色の椿油が取れます。

IMG_0434_convert_20180305122859.jpg

そして、息子が釘付けになった、ロクロ。
一緒に(ほとんど)作ってもらいましたが、息子はお茶碗を。

IMG_0446_convert_20180305123510.jpg

娘はほぼ自分で作れるお皿作り。

IMG_0448_convert_20180305123556.jpg

南天の葉を選んで皿の模様つけをしました。
葉を皿に置いたら、スポンジで丁寧に抑えて模様をつけていました。
以前、紙粘土に葉っぱの模様が上手くつかなかったのは、私の作業が雑だったのね…
勉強になりました。

周りを立ち上げていき、縁を作ります。

IMG_0449_convert_20180305123642.jpg

南天の葉だし、縁起の良いお皿になりそうだ。
焼き上げて、後日連絡を下さるそうで、
窯に取りに行こうかな~と思っています。

色々作って大満足!

いつも森の保全活動で切っている木の活用方法を考える機会になりました。

InkedDSC00614_LI.jpg


*********************

帰宅して、グリーンウッドワークの事をネットで調べていたら、
岐阜県での活動が多いようです。

グリーンウッドワーク協会HP
岐阜県立森林文化アカデミー

飛騨高山は森林資源が豊富で、木材加工が盛んですよね。
こちらのように組織立って活動はしていないのですが、
グリーンウッドワークが好きな人が道具を持ち寄って今回のような活動をしているそうなので
また行ってみたいと思いました。

いつもありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

- 2 Comments

goopee  

おはようございます。
sunnyさんのおうち、みなさんで楽しんでらっしゃって素敵♡
うちのあたりも村持ちの山の土地があったりして、
昔は実家でも育てた木で家を建てたりもしたらしいけど、
今やすっかり放置&お任せ状態。σ(^_^;)
そういう山林って、きっとあちこちにあるのでしょうね。
岐阜は木育って盛んですよー。
業者さんや技術者さん、行政、学校やNPO団体さんが連携とって、やってらっしゃいます。
主に中濃から東濃方面で(笑)。我が家から遠いのが残念。
せめて身近なところでの単発イベントに顔出させて貰って楽しんでます♡

木のおうち、息子君の力作のスプーン、娘ちゃんの平皿、
どんなふうに使うのか、楽しみです。
ぜひ使ってるところもアップしてくださーい♪

そしてそして、妹ちゃんももう2歳なのですね。
可愛いー!!!
sunnyさんご夫婦や兄姉ちゃんに囲まれて、すくすく成長していく姿に、いつも目を細めてます♡
お誕生日おめでとうございます。

2018/03/08 (Thu) 07:54 | EDIT | REPLY |   

sunny  

Re: タイトルなし

> goopeeさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい~。
村持ちの山!
そういえば以前通っていた幼稚園は木を売ったか山を一部売ったかの地域の資金で作られていたような…
育てた木で家を作るって素敵ですね~。
育った土地の木で家を作るのが、家を丈夫にすると聞いたことがありますねぇ。
風土に合った木になるからだとか…

岐阜と聞いてgoopeeさんが浮かびましたよ(笑)
九州はそこまで木育は盛んではないような…?
知らないだけかなぁ。

木のおうちはなぜか次女のもの!!となっていて、使うには次女のお許しが必要です。
なぜだ~~(-_-;)
春休みに入って、毎日遊び惚けているので、そのうちアップしますー!

次女も2歳になりました。ありがとうございます。
早いよ~( ;∀;)
次女は双子に囲まれてなんだか楽しそうに毎日過ごしています。
毎日楽しく過ごせるのなら、それで親としては十分です~。

2018/03/16 (Fri) 20:26 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。